日本とEUの経済連携協定(EPA)自由貿易協定(FTA)が正式に決定されました。
安倍首相とEU首脳は17日、首相官邸で日本とEUの自由貿易協定(FTA)経済連携協定(EPA)に署名した。

2019年初めまでの協定発効を目指しているらしいです。

これにより、ヨーロッパのオーガニックの物やワイン、お茶やら日本の工業製品や部品の、関税がなくなり
輸出入がしやすくなります。

私の所見ですが、購買意欲は日本人の方が高い。
なぜなら、EUの人は物を買わずに、家族との休暇を楽しむ傾向があるから。
年間3か月休暇を99%が取得しているEU圏では、<買い物>は楽しみの一つとしての優先順位が低い。

ビジネスモデルとしてお勧めなのは EU圏の成熟したマーケットのあるものを日本で販売すること。
今始めれば独占できるブランドも多数。

以下税率は コメや食品の一部皮革・履物 を除いてすべて撤廃。

以下引用 外務省ページ日本とEUの経済連携協定(EPA)についてのまとめ より

EU産品の日本市場へのアクセス
(「守り」)

日本側撤廃率
:約94%(農林水産品:約82%,工業品等:100%)。
農林 水産品

コメは,関税削減・撤廃等の対象から除外。

麦・乳製品の国家貿易制度,糖価調整制度,豚肉の差額関
税制度は維持。関税割当てやセーフガード等の有効な措置
を確保。

ソフト系チーズは関税割当てとし,枠数量は国産の生産拡
大と両立可能な範囲に留めた。

牛肉は15年の関税削減期間とセーフガードを確保。

工業
製品 化学工業
製品、繊維・繊維製品等:即時撤廃。

皮革・履物 現行税率最高30%):11年目又は16年目に撤廃。

現在私がクライアント様とドイツのオーガニック製品を輸出サポートコンサルさせていただいている商品は
もちろんすべて関税ゼロに!

日本にまだない ヨーロッパ認証のオーガニック商品が続々と専売取引されていくのではないでしょうか?

現在専売の決まっていない、商材はオーガニックティー 原料、子供用離乳食、授乳ハーブティー、パウダースムージーなどなど

もし現在EU圏での商材をお探し、ご興味アリのお客様がいらっしゃいましたら
ヨーロッパ在住の私まで、どうぞ問い合わせフォームよりご連絡ください♡

ヨーロッパから何かを商業輸出する場合には必ず EORI ナンバーというものが必要になります。
個人事業主の私も、ついこの間、取得しました。

ヨーロッパ、日本間での輸入、配送業者の手配や、入管や税申告書等など、、
ドイツに実際住んでいて、間を取り持ってくれる人はいた方がスムーズ。

もしEUと日本間の輸入に興味があるけど、大げさにしたくない!というかたも、どうぞ、ひっそり私までご連絡ください。 見本市のある日程もひっそりお知らせします。

masumi

2014年からドイツに移住しました。
ヨーロッパでの生活とフリーランスでの仕事や所有メディアのお知らせをこちらにつらつらとつらねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です