海外生活@ドイツ

ドイツでの住宅探し 2019年版

ドイツで住宅探し。2019年版

ここ4年でドイツ国内の賃貸料はうなぎのぼりにUP
特に、「治安の良い」とされているエリアの住宅は値段もさることながら、
1案件につき、40人が見学したい!とメールしてくるのは普通だそうな。

人気の案件の条件は

・交通の便が良い(Uバーン(地下鉄)、Strassenバーン(路面電車)、Sバーン(ドイツの国鉄))のどれも徒歩10分以内の案件が人気なようです。
・新築(ドイツの新築は9年でも新築とカウントされる。)
・エレベーター付き
・ケラー(倉庫)が綺麗

余談ですが、Sバーン(ドイツ鉄道)沿いです!便利です。とうたっている新築案件もありますが、Sバーンは20分~40分に1本しかない、エレベーターがない駅が多い、1本逃したらつぶしの利かない駅の場合が多い。
などと、超不便です。激安の新築だとしても、時間のロスが多く、訪問者も訪問しにくい。という。

孤島物件となる確率が高いので、家に引きこもる予定の方以外は避けた方がBetter。

ドイツに来て間もない間は特に。便利な場所に住んだ方がいいです。

そんな物件探し、理想を追って何十人も見学に来ます。

かくいう私も、1年かかりました。

探した方法は、Immobieren Scout 24
にて、好みの物件を見つけたら、その物件を提供している Anbieter (プロバイダー)にコンタクトを取ります。

そして、そのAnbieterは他にも似通った物件を持っている可能性もあるので、条件を提示して探してもらいます。

▼私が住居探しで主にコンタクトした Anbieter

BOCKER
Fries Immobieren
↑主にこの会社さんです。
そして最近見つけたのが↓ これ! Grafentalの賃貸と銘打って貸し出し中の様子です。 
グラーフェンタールの賃貸

私は比較的新しい物件を探していたため、上記Makler ブローカーに連絡を取っていましたが
アルトバウで、このエリア。。。など、Maklerごとに得意分野が違うので、まずはImmobieren,もしくは住みたい付近を散歩してみて
見つけてはどうでしょうか?

ABOUT ME
masumi
2014年からドイツに移住しました。 ヨーロッパでの生活とフリーランスでの仕事や所有メディアのお知らせをこちらにつらつらとつらねます。
海外ライフハックやらマーケティングの小話