ホームページ集客・開発

コロナ対策の参考データ

売り上げが下がった時
デパートが閉じた時、
その年齢層が使用するネット上の媒体にリーチさせれば、オンラインでの売り上げは確保できます。

高島屋に買い物行っている客層は、今スマホで何を見ているか?

以下リンクは年代別のスマホ、デスクトップPCなどの使用状況。

私のお客様で、高島屋や、三越など、デパート系や小売店がコロナ自粛で閉まったおかげで、
B to Bの売り上げが下がることを、オンライン(ECサイト)でカバーしよう! という対策をシュミレーション中に見つけた資料たちです。

年代別ネットの利用状況

結果、売り上げの落ちる見込みの60%ほどはオンラインでの売り上げでカバーできそうなシュミレーションが作れました。
経営者様の、『オンライン方面へ投資増やすよ!』という決断が功を奏しました。
成果は自粛の始まった、4月中頃から、ECサイトで出始めています。前年度の約4倍の売り上げに。。。

こういった危機の時にこそ、経営者の本質が試されるなぁと思います。

もちろん、社員への補償も含め、最善の策を講じながら、売り上げが発生する方向へ投資する。

コロナ自粛の今の現状だと、オンライン方面へは惜しみなく投資すること。

今、Webでのマーケティングや広告費を惜しんだり、削ったりすると、あと半年後の強みが作れなくなります。
飲食店、スポーツジム、販売店でもしかり、オンライン方面へ移行できている人は、逆に売り上げが増えています。

大手のお客さんの話だと、、
コロナで自粛は最低でも半年から1年は続くものだと考えているようです。

4月がコロナ状況のスタートアップだと考えて、あと1年間の売り上げ目標プランを作っていきたいものです。

ABOUT ME
masumi
2014年からドイツに移住しました。 ヨーロッパでの生活とフリーランスでの仕事や所有メディアのお知らせをこちらにつらつらとつらねます。
海外ライフハックやらマーケティングの小話